更新履歴
薬を持っている人

花粉症で悩んでいる人は、現代日本には少なくありません。
かつては、抗ヒスタミン剤で症状を抑えたものの、副作用としての眠気や脱力感などで、仕事にならないといったマイナス面がありました。
昨今では、そういった副作用の非常に少ないアレグラが開発されたこともあって、花粉症への対処は格段に容易になりました。
病院でも処方していますが、なかなか通院できない方はアレグラを通販でまとめ買いすることも出来ます。
ただし、口コミなどで通販サイトの評判などを確認して信頼性があるとこを必ず探してから購入するようにしてください。
アレグラに含まれている有効成分フェキソフェナジンはアレルギーに強い効果を発揮するので中々市販の花粉症治療薬が効かないとお悩みの方にもおすすめです。
そんな有能なアレグラではありますが、避けるべき飲み合わせがあるのは事実です。

まずは風邪薬です。
市販の風邪薬には、抗ヒスタミン効果を有するものが多く、そういった意味では、アレグラと効果が似ている部分があります。
抗ヒスタミン作用を持つ風邪薬を一緒に飲むと、同じ成分を過剰に摂取することとなり、眠気などの副作用が濃厚に出てしまう恐れがあるのです。

次に、一部の頭痛薬や鎮痛薬には、アレグラの効果を弱めてしまうものもあります。
合成ヒドロタルサイト、酸化マグネシウムなどが成分として含まれている頭痛薬は、アレグラが発揮すべき効果を薄めてしまうかもしれません。
炭酸水素ナトリウムや酸化マグネシウムなどが入っていますと、抗ヒスタミン作用が十分に発揮できなくなることもありますので、要注意です。

さらに、アレグラと胃薬の飲み合わせにも注目しなければなりません。
胃薬は、食べ過ぎや飲み過ぎ、胃のもたれ、胸焼けなどの症状をしっかりと解消してくれます。
しかし、アレグラと併用するにあたっては、胃薬の成分を確認してから服用することが重要です。
炭酸水素ナトリウム、酸化マグネシウム、合成ヒドロタルサイトなどの成分を含んだ胃薬は、飲み合わせが好ましくありません。
こういった成分は、アレグラが果たすべき抗ヒスタミン作用にブレーキをかけてしまいますので、目的とする効果が得られにくくなるのです。

記事一覧
マスクを着けている子供」

アレグラやストナリニは抗ヒスタミン薬に分類され、花粉症やアレルギー性鼻炎、皮膚のかゆみを抑える効能の...

調子が良くない女性

アレグラはスギ花粉症などの季節性アレルギー性鼻炎や通年性アレルギー性鼻炎に効果的な薬であり、くしゃみ...

体温を測る女性

アレグラは、成分名がフェキソフェナジンという、抗アレルギー薬です。 この薬剤に限ったことではありませ...

多くの薬と瓶

もちろん病院やクリニックで子供自身のために出してもらったアレグラを服用させることには何の問題もありま...